NMB48劇場に続く天国への階段

非常階段1

YES-NAMBAは1〜3階が大型書店の「ジュンク堂書店」、地下1階にはアイドルグループNMB48の公演が行われる専用劇場「NMB48劇場」やFM局の「YES-fm」があります。4階には上方演芸の歴史に触れられる「大阪府立上方演芸資料館ワッハ上方」、5階には吉本興業の若手タレントを柱とした劇場「5upよしもと」があります。

NMB48劇場へ入場する前に並ぶ所定の位置

NMB48劇場に入場する時間が近づいてきました。ここで当選者が各々入場する訳ではありません。あらかじめ当選番号順に整列してから順番に入場します。ではどこに整列すれば良いのでしょうか。当選メールやNMB48公式サイトにも記載されていません。AKB48グループチケットセンターのマイページ内にある「当選者の方へ」という案内文に何とか”所定の位置”と記載されているだけです。初めて来られた方はよく分かりませんよね。スタッフさんに聞けば親切に教えて頂けますが前もって知っておきたいところです。そこで一目で分かるように写真を連続して載せますね。これで安心して列に並べると思います。

非常階段2

まずはNMB48劇場入口を含めた構図。後ろに映っている「難波駅近道」に注目です!

非常階段3

さきほど注目した「難波駅近道」に向かって歩きます。左に見えるのはジュンク堂です。

非常階段4

右を向くと何か扉があるのが見えます。

非常階段5

実はこの扉の向こうに非常階段があり、そこに整列します。

すぐに分かるため案内が無いのだと思いますが知っていると気が楽ですよね!

NMB48劇場へ入場前の最後の難関

上の写真にある非常階段前の扉は開演1時間前にスタッフさんによって開かれます。以後の説明を分かりやすくする為、ここでは例として18時00分開場・18時30分開演の公演だとします。すると、非常階段の扉が開くのは17時30分という事になります。

開場時間の18時00分に列が動いて入場が始まりますのでそれまでに非常階段に昇って並べば問題はありませんが、初めての方の場合は17時30分に扉が開いたらすぐに並び始める方が安心です。

では早速ですが非常階段に並びましょう!まずは扉を開いたスタッフさんにチケットとリストバンドを確認して頂きます。確認が済めば非常階段へ進みます。下から当選番号の若い順に並びますので1〜100番まではモバイル枠の方です。一般枠の当選者は101〜190番までです。その上にキャンセル待ちの方が並びます(4Fから上)。

キャンセル待ちの方よりは楽ですが、一般枠後半の番号の方も結構上まで昇る必要があります。当然クーラーはありませんし、夏場は暑くて蒸しますので本当に大変です。これが「NMB48劇場へ入場前の最後の難関」の理由です。

階段に10番区切りで番号が書かれた紙が貼られていますので、まずは自分の当選番号が含まれる場所まで昇ります。その後、同じ場所に並んでいる、番号が近いと思われる方とお互いの番号を確認し合い整列します。

非常階段に並んでいると後から昇って来られた方に、「何番ですか?」と聞かれる事があると思いますが、その時は快く答えてあげましょう。逆に自分から番号を聞く時は、まず自分の番号を先に相手に伝えた方が失礼無く円滑に進むのではないかと思います。

開場時間の18時00分になりましたら100番までのモバイル枠の方が先に劇場へ入場します。続いて一般枠の方もいよいよNMB48劇場に入場です。
それでは、NMB48劇場開演時間までへ進んで下さい!


この記事がお役に立ちましたら応援よろしくお願いします。
てっぺんとったんで!

にほんブログ村 芸能ブログ NMB48へ

posted by 三毛猫支配人 | Comment(0) | NMB48劇場入場列に整列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スキノレン