NMB48劇場は楽しまな損やで〜

生誕祭

生誕祭とはメンバーを祝うイベントの事で、通常は誕生日またはその前後にあたる公演日に行われます。アンコールで数曲歌った後、涙サプライズをBGMに始まります。舞台袖からバースデーケーキが用意され、メンバーと観客全員で「ハッピー・バースデー・トゥ・ユー」を合唱します。その後、メンバーや家族からの手紙が読まれ、本人が最後に感謝の気持ちや今年の抱負を語ります。とても感動的なイベントです。

NMB48劇場では外の事はとりあえず忘れて全力ではっちゃけようじゃありませんかー!

急に暗くなり「N・M・B・48〜!」とovertureが流れると、観客全員がサイリウム(ペンライト)を振りながら一体となって掛け声を始めます。初めての方がとまどわれるのは恐らく、

「タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー」
「虎、火、人造、繊維、海女、振動、化繊飛除去」
「チャペ、アぺ、カラ、キナ、ララ、トゥスケ、ミョーホントゥスケ」

と、まるで意味の分からない言葉なのに劇場全体で綺麗に揃っている事ではないでしょうか。これはMIXと言いまして、ライブを盛り上げる為の掛け声的なものです。初めから完璧に覚えていくのは難しいと思いますのでとりあえず周りの方に合わせて一緒に盛り上がりましょう!

この、とりあえず周りの方に合わせて一緒に盛り上がる事が実は凄く重要です。初めての方の場合、よく分からない為、遠慮や照れという気持ちが出てしまい静観しがちです。でも安心して下さい。このNMB48劇場に来られているお客様は皆さんNMB48の大ファンです。いわば非日常的な空間です。周りの方と同じように応援している方が劇場内では当然であり自然なのです。応援する事によってメンバーも喜んでくれますし、何より自分が最高に楽しめます。ですからNMB48劇場では全力ではっちゃけましょう!

NMB48劇場で公演曲を聞く

幕が開き1曲目が始まります。まずはメンバーの近さに驚きながら、こんな疑問を抱くかもしれません。
「この曲は何だろう?初めて聞くなぁ。NMB48の曲なの?」
と。特にAKB48からではなくNMB48から好きになられた方が抱く疑問だと思います。

劇場で歌われる曲は公演曲と言いまして、皆さんがよく耳にするシングル曲とは異なります。分かりやすく違いを例えますと、シングル曲は店の看板メニューで、公演曲はコース料理といった感じです。

ですから公演曲はコース料理の、前菜・スープ・主菜(肉料理・魚料理)・デザートという流れと同じように、徐々に盛り上がり、最高潮に達し、余韻を残しながら終了し、全てを見終えると満足するという様な絶妙な曲順で構成されております。そのため、何度同じ公演を見ても飽きる事はありません。

公演曲はその公演を行うチームのためにオリジナルで書き下ろされます。ですので、そのチーム事情が反映された曲があったり、曲中にメンバーの名前が入ったものがあったりします。残念ながらNMB48には現在のところオリジナル公演は無く、AKB48がかつて行った公演をNMB48バージョンとして行っています。

このような事情で、現在NMB48劇場公演本編で聞く曲はAKB48の公演曲という事になります。疑問が解決したところで応援に戻りましょう!

NMB48劇場で声援してみる

劇場での声援の仕方に特に決まりはありませんが、揃うと気持ち良いものです。周りの方とタイミングを合わせて声援していきましょう。よく劇場内で聞かれる応援のフレーズとしまして、「超絶可愛い〜○○!」という掛け声があります。○○の部分は自分がお好きなメンバーの名前をコールしても問題はありませんが揃いません。基本的には、この掛け声をしている時点でメインとして歌っているメンバーの名前をコールすると綺麗に揃います。そのパートを2人で歌っている場合は、自分がお好きな方のメンバーの名前をコールすればOKです。

NMB48劇場の自己紹介にも参加する

声援をしたいけどメンバーの名前を全然知らないよー」という方、少々お待ち下さい。AKB48をはじめ、全ての48グループの劇場公演では最初に何曲か歌った後に自己紹介のコーナーがあります。NMB48のメンバーが自己紹介で言うキャッチフレーズには、ファンも一緒にコール出来る部分が含まれていますのでMIXと同じく、あらかじめ予習して覚えておくと更に楽しめます。

[例]()内はファンの方がコールする部分です
渡辺美優紀
「みるくとみゆきを混ぜるだけ。あっという間に…(みるきー)。奈良県出身19歳の渡辺美優紀です。」
島田玲奈
「今日も1日おつか (れなー)、明日も1日がんば (れなー)、小っちゃいけどみーんなにおっきな幸せを届けたい。大阪府出身20歳のしまれなこと島田玲奈です。」
薮下柊
「みーんなの気持ちを全部ぼっしゅー。その代わりに、しゅうの笑顔をナイッシュー。(ゴール) 大阪府出身、中学3年生、14歳のしゅうこと薮下柊です。」
三浦亜莉沙
「ありりんレシーブ。ありりんトス。みーんなのハートにありりん(アターック)。兵庫県出身、高校2年生、17歳のありりんこと三浦亜莉沙です。」

自己紹介でメンバーの名前とニックネームを出来るだけ多く覚えて、後半戦の声援に活かしましょう!

NMB48劇場で笑う

NMB48劇場公演の楽しみと言えば、歌とダンスはもちろんですが、MC(トークコーナー)が名物です。関西出身のメンバーがほとんどですので笑いへのこだわりが強いです。お笑いのセンスを感じるメンバー、天然系なメンバー、下ネタをぶち込むメンバー、またはグループ芸など色んなスタイルがあって笑いが絶える事はありません。

基本的にはひとつのお題に対してメンバーが挙手して話していく笑点スタイルです。当選メールやマイページでもお題は募集されていますので話して欲しいトークテーマがあれば是非送ってみましょう。もしお題が採用されると公演内で、「○○さんから頂いたトークテーマです」と紹介されます。そして、「○○さん、どこにおられますか〜?」と聞かれ、挙手するとメンバー全員から笑顔で「ありがとうございま〜す!」と感謝されます。

NMB48劇場公演一旦終了

公演曲をあと2〜3曲残した状態で公演は一旦終了します。メンバー達は「ありがとうございました〜!」と手を振りながら舞台袖に消え、幕も閉じられます。

これはどういうことかと言いますと、残り2〜3曲の公演曲はお客様からアンコールをして頂けた場合に成立する、御礼のパフォーマンスなのです。

アンコールをして頂けるように、メンバー・スタッフさん一同、日々努力されています。それでは、公演曲あと2〜3曲、フルコース料理で言うとデザートがまだですので皆さんアンコールしましょう!

NMB48劇場公演でNMB48の曲が聞けるのはアンコールだけ

幕が開きアンコールが始まりした!これで安心してフルコース料理のデザートまでしっかりと堪能する事が出来ます。

ここで更に欲を言うと、NMB48のファンがNMB48劇場に来ているのですから、やっぱりNMB48の曲も聞きたいですよね。

しかし、劇場公演はフルコース料理と同じく、決まった曲を決まった順番で聞くと最高の状態になるように絶妙に構成されています。そこを安易に変える事は出来ません。オリジナル公演を持たないNMB48は劇場公演本編ではAKB48の公演曲しか歌えません。なのでNMB48の曲は劇場公演本編ではなく、アンコールにメドレーとして追加されます。

アンコールのNMB48メドレーは、公演の最大の見せ場とも言えるぐらい最高に盛り上がります。メドレーで歌われる曲はチームによって異なります。あと、最新曲もアンコールで披露されます。

NMB48劇場終幕

公演曲・アンコール全てが終了すると一抹礼をして公演は終わります。この「一抹礼」という言葉はNMB48以外には使っていないようです。公演での様子を見る限り、メンバー全員が横一列になって手をつないだ状態でお辞儀をしている、あの行為を指すのだと思われます。

一抹礼の後、メンバーは「ありがとうございました〜!」と手を振りながら舞台袖へ捌けますが、「笑かしてやろう!」という野心を持ってまた舞台中央に戻ってくるメンバーもいます。特にチームMの百花とチームBUのあんちゅが何かして袖に捌ける印象が強いです。最後までサービス精神に溢れているといいますか、笑いへのこだわりが強いです。

文章にすると長くなりましたが、ここまでが公演内容になります。上の文章を読んでいると芸人さんと勘違いされそうですが、れっきとしたアイドルですので劇場で生で見るとやっぱり可愛いです。

最後にメンバーから、NMB48劇場に足を運んでくださった皆さんに御礼としてハイタッチによるお見送りがあります。
NMB48劇場ハイタッチへ進んで下さい!


この記事がお役に立ちましたら応援よろしくお願いします。
てっぺんとったんで!

にほんブログ村 芸能ブログ NMB48へ

posted by 三毛猫支配人 | Comment(0) | NMB48劇場照れずに参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スキノレン